きょう11日(火)は、低気圧が急速に発達して日本付近を北東進。広範囲で雨や雪、風が強まり荒れた天気に。北海道は太平洋側も大雪に警戒。

全国的に雨や雪 荒天に

画像A

きょう11日(火)は、2つの低気圧が本州を挟むように北東へ進む予想です。急速に発達するため、雨や雪、風が強まるでしょう。
沖縄や九州から近畿は、昼頃まで広く雨。東海や関東甲信は雨が降ったりやんだりで、局地的に雷を伴って降り方が強まるでしょう。雪が降るのは山沿いが中心ですが、九州北部など大雪になる所もありそうです。また山陰や近畿北部では、夜になると平地も含めて広く雪が降るでしょう。

北海道は大雪に警戒

画像B

北陸は次第に雨が降りだし、夕方以降は雪に変わる所が多くなりそうです。東北や北海道も早い所では昼前から雪が降るでしょう。低気圧に近い北海道では、太平洋側も含めて大雪に警戒が必要です。猛ふぶきとなって見通しがきかなくなるなど、交通への影響も大きいでしょう。無理のない行動をしてください。
予想される雪の降る量は、あす12日(水)午前6時までの24時間に多い所で、北海道では60センチとなっています。その後、13日(木)午前6時までの24時間に多い所で、北陸は50〜70センチ、北海道は40〜60センチ、東北は30〜50センチの予想です。
あす12日(水)は強い冬型の気圧配置に変わり、14日(金)頃にかけて大雪が続くおそれがあります。