急速に発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、東北地方では13日(木)にかけて猛吹雪や高波、大雪となる所があるでしょう。その後、14日(金)頃まで影響が長引く恐れもあります。また、今週末は大学入学共通テストが行われます。土日の天気はどうなるのでしょうか?

13日(木)にかけて猛吹雪や高波に警戒 交通機関にも影響か?

画像A

13日(木)にかけて急速に発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、東北地方では大荒れの天気となるでしょう。特に東北北部や日本海側では風に加えて雪も降るため、視界が全く効かなくなるほどの「猛吹雪」となる所がありそうです。
また、青森県の津軽や秋田県の内陸、山形県、福島県の会津では局地的に雪の降り方が強まり、短時間で積雪が一気に増える恐れがあります。暴風雪や大雪により交通機関に影響が出ることが予想されますので、最新の気象情報、交通情報をこまめにご確認下さい。
また、日本海側の海上は波が8メートルの予想で、大しけとなるでしょう。海上では高波にも警戒が必要です。
14日(金)も強い冬型の気圧配置が続く予想で、雪や風、波の影響が長引く可能性があります。不要不急の外出は出来るだけ避けるようにし、万が一に備えて、今一度、懐中電灯やモバイルバッテリーなどの非常用具を確認しておくと良さそうです。
【風と波の予想】
11日から12日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 25メートル(35メートル)
東北日本海側 陸上 23メートル(35メートル)
東北太平洋側 海上 23メートル(35メートル)
東北太平洋側 陸上 17メートル(30メートル)
12日に予想される波の高さ
東北日本海側 8メートル
東北太平洋側 4メートル
13日に予想される波の高さ
東北日本海側 6メートル
東北太平洋側 4メートル
【雪の予想】
11日18時から12日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 70センチ
東北日本海側 平地  40センチ
東北太平洋側 山沿い 40センチ
東北太平洋側 平地  30センチ
その後、12日18時から13日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 40から60センチ
東北日本海側 平地  20から40センチ
東北太平洋側 山沿い 20から40センチ
東北太平洋側 平地  10から20センチ

今週末は大学入学共通テスト 16日(日)は再び、雪や風が強まる所も

画像B

今週土曜日からは大学入学共通テストが行われます。受験生の方は特に土日の天気が気になるかと思いますが、15日(土)になると強い冬型の気圧配置が緩み、雪や風は弱まる予想です。ただ、路面にはまだ雪が残っている所が多く、路面状況が悪くなっているため、足元には十分注意して下さい。
16日(日)は前線を伴った低気圧が日本付近を通過するでしょう。このため、日本海側を中心に雪や雨の降る所が多くなりそうです。今のところ、雪や雨の降りだしは昼ごろからの予想ですが、予報にはまだ幅があるため、この予想よりも早い時間から降る可能性もあります。当日は最新の気象情報を確認しつつ、時間に余裕を持って受験会場へと足を運んでください。