11日、那覇でヒカンザクラが開花しました。昨年より7日遅く、平年より5日早い開花です。

那覇 ヒカンザクラが開花 平年より5日早く

画像A

11日、那覇でヒカンザクラが開花しました。昨年より7日遅く、平年より5日早い開花です。ヒカンザクラは、ソメイヨシノの淡いピンクに比べて濃い色の花びらが特徴です。
1月に入ってから、本州付近には度々強い寒気が流れ込みました。1月1日から10日までの10日間平均気温は、北海道から九州では、平年並みか低くなった所が多くなりました。一方、沖縄では気温は高めでした。1月1日から10日までの10日間平均気温は、那覇市で18.5℃など、平年より1℃ほど高い所が多くなりました。

大学入学共通テストが実施される15日と16日の天気

大学入学共通テスト(かつてはセンター試験)の頃に咲くことで知られる沖縄のヒカンザクラ、今年も開花は順調です。
大学入学共通テストが実施される15日と16日の天気ですが、15日は冬型の気圧配置は緩み、大雪や暴風はおさまるでしょう。16日は低気圧や前線の影響で、次第に広く雪や雨が降る見込みです。積雪がある所に、湿った雪や雨が降ることになり、路面状況が悪くなる可能性があります。最新の気象情報を確認し、時間に余裕をもって行動するとよいでしょう。受験生の皆さんベストを尽くして、春にもサクラを咲かせてください。