きょう12日(水)〜14日(金)にかけて、再び寒波襲来です。北日本と北陸を中心に、猛吹雪や大雪による交通障害のおそれ。あす13日は、大雪の範囲が西日本にも広がります。車の立ち往生のリスクが高まるため警戒が必要です。

台風並みの暴風に警戒

画像A

14日にかけて、猛烈に発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本や北陸では雪を伴い、非常に強い風が吹き荒れ、海は大しけとなる所があるでしょう。北海道の太平洋側(釧路地方や根室地方)では高潮にも警戒が必要です。
北海道では、昨夜(11日)から暴風が吹き荒れ、北海道えりも岬では最大瞬間風速41.3メートルを観測(12日0時42分)。このあとあす13日にかけて、瞬間的に35メートル以上の台風並みの暴風が吹き荒れ、見通しがきかない猛吹雪「ホワイトアウト」になる恐れがあります。ホワイトアウトとは、吹雪や大雪により視界が奪われ、一瞬にして方向や地形が分からなくなることから「白い闇」とも言われます。不要不急の外出は避け安全な場所で過ごすようにしましょう。
猛吹雪は、14日にかけて断続的に続く見込みです。最新の気象情報・交通情報をこまめに確認するようお願いします。
【暴風の予想】
12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
北海道地方 東北地方 25メートル(35メートル)
北陸地方       23メートル(35メートル)
13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
北海道地方 25メートル(35メートル)
東北地方  20メートル(35メートル)
【高波の予想】
12日に予想される波の高さ
東北地方 北陸地方 8メートル
北海道地方     7メートル
13日に予想される波の高さ
北海道地方、東北地方、北陸地方 6メートル

北海道でドカ雪 あすは大雪の範囲広がる

画像B

低気圧に近い帯広など北海道の太平洋側では、昨夜(11日)からけさ(12日)にかけて、12時間で一気に50センチ以上の雪が降るドカ雪となりました。
北海道の太平洋側の雪は、12日昼前までには収まってきますが、北海道の日本海側や東北の日本海側、北陸では断続的に雪が降り、更に積雪が増えるでしょう。
あす13日朝までの24時間に予想される降雪量は、多い所、東北地方で70センチ。北海道地方、北陸地方で50センチの予想です。
その後も14日にかけて雪は降り続き、更に積雪が増える見込みです。一気に積雪が増え、車の立ち往生などリスクが高くなるため警戒が必要です。

あす13日 西日本も大雪に警戒

画像C

あす13日は、大雪の範囲が北日本や北陸だけでなく、近畿北部や中国など西日本にも広がります。
寒気の底はあす13日。本州付近は平地で雪の目安となる寒気(上空1500メートルでマイナス6℃以下)にすっぽりと覆われ、更に平地で大雪の目安の寒気(上空5500メートル付近でマイナス36℃以下)が、北陸や関東北部付近まで流れ込む見込みです。特に北陸付近では、雪雲が発達するでしょう。日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が顕在化し、北陸付近にかかる恐れがあります。
日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)とは、シベリア大陸から流れ込んだ冷たい風が、朝鮮半島北部に位置する長白山脈によって、いったん二分されたのち、風下である日本海で再び合流することによってできる収束帯(雪雲が発達しやすいライン)のことです。この発達した雪雲は、次第に南へ下がり、山陰の平地にもかかることがあるでしょう。あす13日は、山陰や近畿北部など西日本でも大雪に警戒が必要です。