14日にかけて、日本付近は冬型の気圧配置が強まり、北日本や北陸を中心に猛ふぶきや大雪のおそれ。あす13日〜14日は、大雪の範囲が西に広がり、近畿北部や山陰、九州北部でも警戒が必要。大雪や猛ふぶきにより車の立ち往生のリスクが高くなるため、交通障害などに警戒が必要です。

再び寒波襲来 猛ふぶきや大雪に警戒

画像A

きょう12日〜14日にかけて、北海道付近で急速に発達中の低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本と北陸を中心に猛ふぶきや大雪に警戒が必要です。上空には再び強い寒波が襲来。あす13日は、大雪の範囲が北日本や北陸だけでなく、近畿北部や中国、九州北部など西日本にも広がります。
寒気の底はあす13日。本州付近は平地で雪の目安となる寒気(上空1500メートルでマイナス6℃以下)にすっぽりと覆われ、更に平地で大雪の目安の寒気(上空5500メートル付近でマイナス36℃以下)が、北陸や関東北部付近まで流れ込む見込みです。特に北陸付近では、マイナス40℃くらいと、年に一度あるかないかの非常に強い寒気が流れ込む予想です。

JPCZによる大雪に警戒

画像B

あす13日は、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が顕在化し、北陸付近にかかる恐れがあります。
日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)とは、シベリア大陸から流れ込んだ冷たい風が、朝鮮半島北部に位置する長白山脈によって、いったん二分されたのち、風下である日本海で再び合流することによってできる収束帯(雪雲が発達しやすいライン)のことです。この発達した雪雲は、次第に南へ下がり、山陰の平地にもかかることがあるでしょう。あす13日〜14日は、山陰や近畿北部など西日本でも大雪に警戒が必要です。
JPCZが通過する時間帯は短時間に一気に積雪が増える恐れがあります。大規模渋滞や道路通行止めなど、交通機関に大きな影響が出るおそれもあります。JPCZの動向は直前まで見極めが必要です。最新の気象情報をこまめに確認して下さい。

立ち往生のリスク高まる

上の図の「道路影響予測」の通り、きょう12日は北海道や東北、北陸を中心に、あす13日〜14日は北海道〜九州の日本海側を中心に広い範囲で、大雪や猛ふぶき、吹きだまりなどによる道路への影響が予想されます。一気に積雪が急増し、立ち往生のリスクが高まります。また、普段、雪の少ない九州北部の平地でも積雪となる所がありそうです。北海道や東北、北陸を中心に15日前半にかけて、影響が残りそうです。

雪道運転 万が一に備えての安心グッズ

画像D

雪道運転をする場合、立ち往生など万が一に備えて、次のものを用意しておくと安心です。
① 防寒着やカイロ、毛布など暖をとるもの
暖房がとまってしまった際の車内温度の低下に備えましょう。
② 飲料水や非常食、モバイルバッテリー、簡易トイレ、懐中電灯
長時間、車内で過ごすことや夜間のトラブルを想定して準備しておきましょう。
③ ブースターケーブル、 牽引ロープ、タイヤチェーン
バッテリー上がりの際に使用するブースターケーブルや発進不能になったときの脱出に役立つ牽引ロープもあると良いでしょう。スタッドレスタイヤだけでは対処しきれないほどの積雪にも対処するため、タイヤチェーンもあると役立ちます。
④ 軍手、ゴム手袋、長靴、スコップ
除雪ができるものを準備しておきましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。
雪道を運転する際は、もしものときに役立つグッズをクルマに積んでおくようにしてください。加えて、出かける前に燃料が十分にあることを確認しましょう。