きょう13日(木)は、日本海側では雪で、北陸周辺で警報級の大雪のおそれ。東北や北海道は猛吹雪などによるホワイトアウトのおそれ。太平洋側でも雪雲が山を越えて流れ込み、雪または雨の所も。関東などでは晴れて空気カラカラ、火の用心。

13日の天気

きょう13日(木)は、強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に強い雪が予想されます。特に北陸周辺では活発な雪雲がかかり、市街地でも大雪の恐れがあります。加えて、台風並みの暴風が吹き荒れるため、猛吹雪になる所がありそうです。猛ふぶきや大雪による交通障害、暴風や高波に警戒してください。一方の関東など太平洋側の一部では晴れて、空気がカラカラに乾燥するでしょう。東海から九州では日差しがあるものの、日本海側の雪雲が山を越えて流れ込み、日中は雪または雨の降る所がありそうです。

13日の気温

けさ(午前5時時点)は、全国で最も冷えているのは、北海道ではなく、本州で長野県の野辺山で‐16.3℃。ついで同県菅平高原のー14.3℃です。日中の気温は、北海道では寒中としては高く、きのう(12日)よりも真冬日の地点は少なくなりそうです。一方、東北から九州は一年で最も寒い今の時期の平年値より低くなり、10℃以下の所がほとんどとなりそうです。寒気の影響は南にも及んでいて、沖縄も20℃に届かないでしょう。各地とも暖かくしてお過ごし下さい。