発達した雪雲の帯(JPCZ)が、あす14日は東北の福島・会津方面にもかかり積雪が増加。日本海側は再び猛吹雪の恐れがあって、仙台など太平洋側の平地も積雪の可能性があります。交通機関への影響が再び心配です。

画像A

最初の図は、13日午後2時現在の雲とレーダーの画像です。
赤く囲った部分に発達した雲の帯があります。これは、JPCZ(日本海寒帯気団収束帯)と呼ばれ、東北南部から山陰の日本海側にたびたび大雪をもたらします。JPCZは、風の流れが朝鮮半島の付け根の山にぶつかることで二手に分かれ、日本海で再び合流することで帯状に雲が発達します。
あす14日(金)は、JPCZが北陸から近畿方面へ南下するものの、一部がかかる福島県の会津方面で積雪がさらに増えるでしょう。
上の図は14日(金)朝の雨や雪、風の予想です。
緑色から赤色は雪の予想で、赤色になるほど降り方が強いことがわかります。
また、冬型の気圧配置が再び強まるため、西寄りの風が強くなり、日本海側では猛吹雪の恐れがあります。
強い風は、雪雲とともに太平洋側へ吹き抜け、仙台市や福島市など市街地でも数センチ程度、雪の積もる可能性があります。
海上は高波にも十分注意をしてください。
<予想 24時間降雪量(多いところ)>
14日午前6時まで
東北日本海側 山沿い 50センチ
東北日本海側 平地  40センチ
東北太平洋側 山沿い 30センチ
東北太平洋側 平地  20センチ
14日午前6時から15日午前6時まで
東北日本海側 山沿い 40から60センチ
東北日本海側 平地  20から40センチ
東北太平洋側 山沿い 30から50センチ
東北太平洋側 平地  20から40センチ
<予想 風と波>
14日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
東北日本海側 海上 18メートル(30メートル)
東北日本海側 陸上 15メートル(30メートル)
東北太平洋側 海上 18メートル(30メートル)
東北太平洋側 陸上 13メートル(25メートル)
14日にかけて予想される波の高さ
東北日本海側 5メートル
東北太平洋側 3メートル
14日は、予想より冬型の気圧配置が強まった場合、雪を伴った暴風や大しけとなる可能性があります。

14日(金)日本海側中心に交通影響に警戒

画像B

14日(金)は12日(水)ほどではないものの、猛吹雪や大雪による交通への影響が心配されます。
JPCZの雪雲がかかりそうな磐越道や東北中央道は、未明から影響が大きくなる恐れがあります。
東北道も古川ICや福島飯坂IC付近など吹雪きやすい箇所は十分注意が必要で、日本海側の沿岸はホワイトアウトの恐れも。
外出される場合は、事前に交通情報をよく確認してください。車はスタックに備え、チェーンやスコップ、毛布などを携帯しましょう。
15日(土)は徐々に回復傾向ですが、日本海側は午前中、雪や吹雪の残る所がありそうです。引き続きご注意ください。
16日(日)は次の低気圧が近づくため、天気は日本海側から下り坂。
最新の資料では、崩れるタイミングがやや早まり、青森県津軽や秋田県は、朝から降り出す可能性があります。
週末は大学入学共通テストですが、受験生の皆さんはこれまでの頑張りが発揮できるよう、最新の情報を確認してください。