厚生労働省によりますと、令和4年第1週(1月3日〜1月9日)のインフルエンザ報告数は、昨年同時期と同様に、極端に少なくなっています。

インフルエンザ報告数 極端に少なく

厚生労働省が1月14日に発表した「インフルエンザの発生状況」によりますと、令和4年第1週(令和4年1月3日〜1月9日)のインフルエンザの指定医療機関の報告数は「50」でした。令和3年52週(令和3年12月27日〜令和4年1月2日)の「45」とあまり変化はなく、昨年同時期の総数「73」と同様に、極端に少なくなっています。
なお、一昨年の同時期の総数は「64,553」でした。

この先1か月 寒さはどうなる?

画像B

この先の寒さですが、気象庁が13日に発表した「1か月予報」によりますと、1月15日〜1月21日の平均気温は、北日本は「平年並み」、東・西日本で「平年より低い」、沖縄・奄美で「平年並みか低い」予想です。この時期は、平年ですと、一年で最も寒い頃という所が多いのですが、東・西日本を中心に、いつもより寒さが厳しくなりそうです。
ただ、1月22日〜1月28日は、一時的に低温傾向が解消し、平均気温は、沖縄・奄美と西日本で「平年並みか高い」でしょう。東・北日本は「平年並み」の予想です。
1月末からは、真冬らしい寒さの所が多くなり、1月29日〜2月11日の平均気温は、沖縄・奄美と西日本で「平年並みか低い」、東・北日本は「平年並み」の予想です。
この先1か月は、西日本や沖縄・奄美を中心に、気温の変動が大きくなりそうです。体調を崩さないよう、ご注意ください。
【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方