あす16日は各地で朝の冷え込みが強まるでしょう。大学入学共通テスト2日目ですが、受験される方はしっかり寒さ対策をしてください。寒気の強まる夜は、日本海側で再び雪や風が強まり、20日頃まで大雪が長引く恐れがあります。

あす16日 朝は冷え込む

画像A

あす16日の最低気温は、仙台市で氷点下2度、名古屋市で氷点下1度、東京都心や大阪市、広島市などで1度と、各地で寒中らしい冷え込んだ朝となるでしょう。
積雪が多く残る所はもちろん、積雪が少なくなった所でも、日陰や橋の上などは凍結しやすくなります。大学入学共通テスト2日目ですが、足元にはくれぐれもご注意ください。

日中は気温上昇 夜は寒気強まる

画像B

あす16日の最高気温は平年並みか高い所が多く、日中は九州から関東では暖かくなるでしょう。東北や北陸の平地は雪ではなく雨が降りそうです。雨を含んだ重い雪が屋根や木から落ちてくることもあるので、十分な注意が必要です。
ただ、夜は冬型の気圧配置となり、上空に寒気が流れ込むため、日本海側では雨や雪に変わるでしょう。北海道や東北、北陸などでは風も強まり、吹雪く所もありそうです。

来週は日本海側で大雪続く

画像C

17日(月)から20日(木)頃にかけては上空に強い寒気が流れ込みやすく、日本海側を中心に大雪が長引く恐れがあります。特に北陸周辺は日本海の風の収束に伴った活発な雪雲が流れ込みやすく、積雪が急増する所もありそうです。
車の立ち往生や鉄道の運転見合わせなど、再び交通に大きな影響が出ることが予想されます。来週は気象情報や交通情報をしっかりご確認ください。