きょう16日(日)は低気圧が日本海を東進。北陸や東北、北海道は、次第に雨雲や雪雲が広がる。雷を伴って強く降る所も。また、近畿から九州にかけて、日本海側を中心ににわか雨の可能性。

前線を伴った低気圧 日本海を東へ

きょう16日は、前線を伴った低気圧が日本海を東よりに進みます。この影響を強く受けるのは北陸や東北、北海道です。
九州から近畿にかけても一時的に雨の降る所があり、沖縄には別の気圧の谷が近づきます。
【各地の天気(西から)】
●沖縄:次第に雲が厚みを増し、夕方から所々で雨が降るでしょう。
●九州:昼過ぎにかけて雲が広がり、所々で雨が降りそうです。
●四国:大体晴れるでしょう。
●中国地方・近畿:晴れ間はあっても雲が広がりやすく、午前、午後とも日本海側を中心ににわか雨の可能性があります。山沿いは雪のまじる所もあるでしょう。
●東海・関東甲信:平地は広く晴れるでしょう。ただ、岐阜県と長野県の山沿いは昼頃から雪の降ることがありそうです。
●北陸:すでに雨の降り始めた所もあります。昼前からは、平地は広く雨で山沿いは雪が降り、局地的に雷を伴うでしょう。
●東北:昼頃から天気が崩れます。沿岸部は、降り始めは雪でも次第に気温が上がって雨の所が多くなるでしょう。内陸は山沿いは断続的に湿った雪が降りそうです。雷を伴って強く降る所もあるでしょう。
●北海道:南西部の早い所では午前中から雪や吹雪となり、夜は東部も雪の降る所がありそうです。

最高気温 きのうより高くなる所が多い

日本海の低気圧に向かうように暖かい空気が流れ込むため、きのうよりやや高くなる所が多いでしょう。
沖縄は20℃前後、九州や四国は12℃〜15℃くらい、中国地方から関東にかけても広く10℃を超え、寒さが和らぐ見込みです。
北陸や東北南部は7℃前後、東北北部は3℃前後の予想で、きのうと同じか高めでしょう。
北海道は2℃前後の所が多い予想。こちらは、きのうに比べるとやや低くなりますが、それでもこの時期としては高めでしょう。
なお、あす17日は冬型の気圧配置となり、きょうとは一転して寒気が流れ込んできます。日本海側は広く雪や吹雪となり、晴れる太平洋側も風が冷たく感じられるでしょう。その先しばらく厳しい寒さが続きますので、体調を崩さないようお気を付けください。