あす17日は、次第に冬型の気圧配置となります。日本海側は広く雪で、特に北陸では雪や風が強まって、荒れた天気となるおそれがあります。

日本海側は雪

画像A

あすは低気圧が東に進み、日本付近は次第に冬型の気圧配置となる見込みです。北日本の日本海側や北陸を中心に、広い範囲で雪が降る見込みです。大気の状態が不安定なため、雷を伴う所もありそうです。
また、沿岸などでは北〜西の風が強まり、ふぶいて見通しが悪くなる所もある予想です。
交通への影響のほか、積雪の多い所では雪崩や落雪、雷の鳴る所では落雷に注意が必要です。

北陸は荒天のおそれ

画像B

大陸からの季節風が強く、日本海では風のぶつかり合いが発生し、一部で雪雲が発達する予想です。いわゆるJPCZ(日本海寒帯気団集束帯)と呼ばれるもので、陸地にかかった場合、しばしば大雪をもたらします。
あすは石川県から新潟県にかけて、JPCZによる雪雲がかかる所がある見込みです。山沿いだけでなく、平地でも積雪が急に増える可能性があります。
さらに北〜西よりの風が一層強まり、陸上でも瞬間的には35メートル程度の暴風が吹くおそれがあります。今後の気象情報にご注意ください。

太平洋側も冷たい風が強い

東北から九州の太平洋側は、平地では広い範囲で晴れる見込みです。山沿いは、夜に雪の降る所がありそうです。
一方、太平洋側も各地で冷たい風が強まる予想です。日中の気温も真冬並みの所がほとんどで、日差しがあってもかなり寒く感じられそうです。
また、関東や近畿、四国を中心に、空気の乾燥が続く見込みです。強風が重なると火災のリスクが高くなりますので、火の取り扱いには十分に気を付けてください。