今週の中国地方は、金曜日まで寒さと大雪に注意が必要で、特に木曜日の朝は瀬戸内側でも雪の積もる所がありそうです。最新の気象情報や交通情報を確認して、時間に余裕を持って通勤や通学をしてください。

今夜(17日)遅くから、次第に雪が降り出す

画像A

きょう17日の中国地方には、ジワジワと寒気が流れ込んできており、夜遅くには山陰や山陽北部で雪が降り始めるでしょう。
21日(金)にかけては、山陰や山陽北部を中心に断続的に雪が降る見込みです。朝は氷点下の冷え込みとなる所が多く、日中も風が冷たく厳しい寒さが続くでしょう。暖かくして、お過ごしください。

20日(木)明け方にはJPCZが南下 山陰は大雪 瀬戸内側でも積雪に

画像B

今週は21日(金)にかけて、中国地方に平地で雪を降らせるような寒気が居座り、特に20日(木)は山陰で大雪、瀬戸内側でも積雪の可能性があります。
20日(木)の明け方には雪の降り方が強まるとされるJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が山陰へ南下する見込みで、鳥取県を中心に大雪となる可能性があります。また、寒気の流れ込みが強まるため、普段あまり雪の積もらない山陽南部の平地でも、朝にかけて雪が降る見込みです。ちょうど、通勤・通学の時間帯になるため、20日(木)の朝は最新の気象情報や交通情報を確認して、時間に余裕をもって行動するようにしてください。