今日17日(月)の夜から明日18日(火)にかけて冬型の気圧配置が強まり、北陸地方では大雪や暴風・暴風雪、高波などに警戒が必要です。落雷や竜巻、ひょうなどのおそれもあります。さらに今週は週末にかけて平野部でも積雪が増え、気温の低い状態が続きます。路面の凍結や水道管の破裂などにも注意してください。

今夜からあすにかけて荒れた天気となり大雪に警戒

画像A

今日17日(月)の夜から明日18日(火)にかけて冬型の気圧配置が強まり、北陸地方の上空には強い寒気が流れ込む見込みです。さらにJPCZ※による活発な雪雲が北陸地方に断続的に流れ込み、短時間で積雪が急に増える所もあるでしょう。とくに新潟県と富山県では警報級の大雪となる可能性があります。
また、北陸地方では大気の状態が非常に不安定になるため、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうなどにも注意してください。
※JPCZ(日本海寒帯気団収束帯 ):朝鮮半島北部の長白山脈により分かれた風が日本海にて合流するライン。このラインでは風が収束上昇し雪雲が活発になりやすくなります。

週末まで冬型の気圧配置が持続

画像B

冬型の気圧配置は21日(金)頃まで続く見込みです。北陸地方上空に強い寒気が入り込み続けるため、断続的な降雪となり、平野部でも積雪が増えて影響が長引くでしょう。運転の際は路面の凍結や大雪による交通障害、地ふぶきによる視界の悪化などに十分注意し、慎重な運転を心がけましょう。
また、気温が低い状態が続くため、水道管の破裂などにも注意してください。

画像C