きょう(18日)、日本海には寒気に伴うスジ状の雲がびっちり。東北付近には、低気圧に伴う渦巻きの雲があり、夕方にかけて東北付近を通過。このタイミングで、東北付近は雪や風が強まるため注意が必要です。

東北 夕方頃 暴風雪や大雪に警戒

画像A

きょう(18日)は、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置が強まり、本州付近は降れば雪となる目安の寒気(上空1500メートルでマイナス6℃以下)にすっぽりと覆われています。気象衛星画像をみると、日本海には、寒気の吹き出しによるスジ状の雲が広がり、太平洋側にも吹き抜けています。
きょう(18日)の午前中は、新潟や北陸周辺で雪が強まり、東海など太平洋側でも雪雲が流れ込みました。午後は、いったん雪の弱まっている所が多いですが、油断禁物です。
低気圧が東北付近にあって、きょう(18日)夕方にかけて、東北地方を通過する見込みです。この低気圧が通過するタイミングで、山形など東北地方は雪や風が強まるため、注意・警戒が必要です。

東北 暴風雪などに警戒

画像B

山形県など東北地方では、夕方にかけて暴風雪や大雪、高波に注意・警戒が必要です。
■山形県で予想される、風・雪・波
【18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)】
庄内 海上 18メートル(30メートル)
庄内 陸上 15メートル(30メートル)
【18日12時から19日12時までに予想される24時間降雪量(多い所)】
山沿い 40センチ
平地  30センチ
【18日に予想される波の高さ】
6メートル
この先、21日にかけて、冬型の気圧配置が続き、日本海側では強弱を繰り返しながら雪や風が強まる予想です。特に、20日頃は、大雪の目安とされる上空5000メートル付近でマイナス36℃以下の寒気が北陸付近まで南下、北陸や東北の日本海側を中心に積雪が増える恐れがあります。雪崩や屋根から落ちる雪などに注意し、最新の気象情報をこまめに確認するようお願いします。