この先、週末にかけて冬型の気圧配置が続き、寒気が居座ります。日本海側は強弱を繰り返しながら雪が続き、更に積雪が増える恐れ。要注意なのが20日で、ここが寒気の底。来週は南岸低気圧の影響で、関東など太平洋側でも雨や雪が降る可能性があるため注意が必要です。

寒気の底は20日

画像A

この先、21日頃にかけて冬型の気圧配置が続き、本州付近は降れば雪となる目安の寒気(上空1500メートル付近でマイナス6℃以下)にすっぽりと覆われます。上空の寒気の底は20日で、更に高い上空5000メートル付近でマイナス36℃以下という、大雪の目安の寒気が北陸や関東北部付近まで南下します。特に、北陸周辺では、マイナス40℃以下という、非常に強い寒気が流れ込み、19日の夜〜20日は日本海側で雪や風が強まる恐れがあります。
関東など太平洋側の地方は晴れる日が多いですが、来週23日〜24日頃は、本州の南岸を低気圧が東へ進み、関東など太平洋側でも雨や雪が降る可能性があります。南岸低気圧の予想は大変難しく、低気圧の進路や発達具合い、上空の気温が0.5℃変わるだけで、ガラッと雨予想が雪予想に変わります。先日1月6日は、東京で10センチの積雪を観測するなど関東で大雪となりました。この時は、南岸低気圧が近づく前に、関東の南に天気図に書かれないような小さな低気圧が発生したのも、大雪のひとつの要因となりました。今後も最新の予報をこまめに確認するようお願いします。

20日は「大寒」 旭川はマイナス22℃予想

画像B

この先、来週の初めにかけて寒さが続きます。20日は二十四節気の「大寒(だいかん)」、一年で一番寒さが厳しい頃という意味ですが、暦通り、厳しい寒さとなりそうです。20日の最低気温は、北海道の旭川でマイナス22℃と厳しい寒さが予想され、名古屋マイナス1℃など、太平洋側でも所々で氷点下の冷え込みとなりそうです。日中も気温の上がり方は鈍く、東京は25日にかけて最高気温が一桁の日が続きます。冷たい北風が強く吹く日が多く、体感温度は更に低く感じられそうです。
例年、1月下旬の「大寒(だいかん)」頃〜2月上旬にかけてが、一年の中でもっとも寒くなる時期です。日本の寒さの記録は、旭川のマイナス41℃(1902年1月25日)で、この時期に観測されています。その他の各地の最低気温の記録も、1月下旬〜2月上旬にかけてマークされている所がほとんどです。
寒中真っ只中、体調を崩さないよう、暖かくしてお過ごし下さい。