関西では、12月下旬以降は平均気温が平年より低い状態が続いています。今週末にかけても厳しい寒さが続くため、体調の管理や路面の凍結に注意が必要です。

あす20日(木)は大寒 暦通りの寒さに 北部や山沿いでは大雪の所も

画像A

あす20日(木)は、二十四節気の一つ大寒で、暦の上では一年で一番気温が低くなるころですが、関西では暦通りの寒さとなりそうです。体調の管理や路面の凍結に注意をしてください。また、北部では断続的に雪が降り、中部と南部でも雪の降る所があるでしょう。北部や山沿いを中心に大雪になる所もあるため、交通障害などに注意が必要です。

週間予報 月曜日まで厳しい寒さ続く所が多い 南岸低気圧の動きにも注意

画像B

関西では、24日(月)までは気温が平年より低い所が多いでしょう。月曜日は、低気圧が日本の南の海上を通るため、広い範囲で天気が崩れる見込みです。今のところ、雨の降る所が多い見込みですが、低気圧の位置などによっては、中部と南部を中心に雪が降る可能性もあります。今後の情報に注意をしてください。