あす(木)にかけて、東北日本海側を中心に雪の降り方が強まり、大雪となる所があるでしょう。短時間で積雪が急増する恐れがあるため、大雪による交通障害など注意・警戒して下さい。また、来週25日(火)頃は南岸低気圧の影響で、太平洋側で大雪の可能性があります。

今夜(水)からあす(木) 日本海側・岩手 局地的に雪の降り方強まる恐れ

画像A

今夜(水)は寒気を伴った低気圧や風の収束などの影響で、日本海側を中心に雪の降り方が強まる所があるでしょう。
特に秋田県南部や山形県庄内など局地的に雪雲が発達し、短時間で積雪が増える恐れがあります。路面状況の悪化に注意して下さい。
あす(水)は低気圧が秋田沖に進み、日中は弱まりながら南下するでしょう。また、上空5000メートル付近にはマイナス36℃以下(大雪の目安)の寒気が東北地方をすっぽりと覆う予想です。昼ごろにかけては低気圧に近い北部を中心に雪の降り方が強まるでしょう。夕方以降は山形県や福島県の会津方面で発達した雪雲がかかる予想です。
なお、きょう(水)午後3時の東北地方の積雪は、一番多い青森県酸ヶ湯で327センチ、福島県檜枝岐で227センチなどとなっています。また、岩手県の北上では平年と比べて3倍の積雪となっており、いつもの年より雪が多くなっています。
すでに積雪が多くなっている状況のなか、あす(木)にかけて雪が強まる予想です。積雪がさらに増加する恐れがあるため、交通機関の乱れや車の立ち往生、建物への被害等に注意・警戒して下さい。また、大気の状態が非常に不安定となるため、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。
【雪の予想】
19日18時から20日18時までに予想される24時間降雪量
いずれも多い所で、
東北日本海側 山沿い 50センチ
東北日本海側 平地  40センチ

25日(火)頃 太平洋側南部で大雪の恐れも 南岸低気圧の動向に注意

画像B

22日(土)になると冬型の気圧配置が緩み、雪の降る範囲は狭くなるでしょう。ただ、23日(日)は気圧の谷の通過に伴い、再び、雪の降る所が多くなりそうです。
そして、25日(火)頃は本州の南岸を進む低気圧の動向に注意が必要です。「南岸低気圧」と呼ばれるもので、先日、関東地方に大雪をもたらした原因もこの「南岸低気圧」によるものでした。関東地方や東北南部の太平洋側など、普段大雪になることが少ない地域に大雪をもたらす危険な低気圧です。
現段階では、福島県や宮城県、岩手県など太平洋側を中心に雪の降る可能性が高くなっています。予報にはまだ幅がありますが、低気圧の進むコースや寒気の入り具合などによっては大雪となる恐れもあるため、今後の情報に注意して下さい。