あす23日(日)からあさって24日(月)にかけては南岸低気圧の影響で、太平洋側を中心に冷たい雨や雪の降る所が多くなるでしょう。ただ、陸地からやや離れて進む予想になり、関東では雪が降ったとしても一時的となりそうです。

あす23日(日) 西日本に雨雲 内陸は雪まじり

あす23日(日)は、前線が九州の南に延びてくる見込みです。
九州から近畿は太平洋側を中心に雨が降るでしょう。上空に寒気が残るため、内陸部では朝の降りだしが雪になる所もありますが、日中は雨に変わり、平地で積もることはない見込みです。
東海や関東も日中は晴れますが、夜は沿岸部で弱い雨や雪が降る可能性があります。
北陸や東北、北海道は別の低気圧の影響で、夜は日本海側で雪や風が強まるでしょう。

24日(月) 南岸低気圧やや陸地から離れて進む

画像B

24日(月)は前線上に低気圧が発生しますが、陸地からはやや離れて進む見込みです。
関東や東海は雨や雪が降ったとしても朝までで、長く降ることはなさそうです。日中は天気が回復するので、今の所大きな影響はないでしょう。ただ、低気圧のコースが少しずれるだけで、降る量や時間が大きく変わることもあるので、最新の予報をしっかりチェックしてください。
九州から近畿は晴れる所が多く、北陸や東北、北海道の雪や風も次第に弱まるでしょう。

来週の中頃 関東や東海で再び冷たい雨

画像C

来週の中頃は、本州の南が弱い気圧の谷となるため、関東や東海を中心に再び冷たい雨が降るでしょう。こちらも予報が変わりやすいですが、今の所、雨が降るのは一時的で雪になる可能性は低いです。
向こう1週間は、日本海側ではなく、太平洋側で雨や雪が降りやすくなるので、本州の南の低気圧や気圧の谷の動向に注意が必要です。