きょう26日(水)朝、全国で最も気温が低くなったのは、北海道の中頓別(なかとんべつ)町でマイナス25.0℃。5日ぶりに全国のアメダス地点の中でマイナス25℃以下を観測。
最高気温は平年並みか平年より高い所が多く、中国地方や四国、九州では、3月上旬から中旬並みの所も。

けさは北海道や東北北部で冷え込みの強くなった所も

画像A

きょう26日(水)朝は、北海道や東北北部で今シーズン一番の冷え込みとなった所がありました。
午前9時までに全国で最も気温が低くなったのは、北海道の中頓別(なかとんべつ)町でマイナス25.0℃と、21日(金)以来、5日ぶりに全国のアメダス地点の中でマイナス25℃以下を観測しました。
一方、東北南部から九州、沖縄にかけては、午前9時までの最低気温は平年並みか平年より高い所が多くなりました。

昼間は気温上昇 所々で3月上旬から中旬並みの暖かさに

画像B

日中にかけて気温が上がり、最高気温は、きのう25日(火)と同じか、きのう25日(火)より高い所が多いでしょう。
札幌は2℃の予想で、3日ぶりに真冬日から解放される見込みです。東京都心と大阪は2日ぶりに10℃以上となりそうです。
広島は13℃、高知と鹿児島は16℃と3月上旬から中旬並みの予想で、日なたでは日差しが暖かく感じられるでしょう。
朝晩と昼間の気温の差が大きくなりますので、体調を崩さないように気をつけてください。
北海道から北陸では、気温の上昇で日中にとけた雪が、夕方以降は再び凍結する所が多く、路面状況が変わりやすくなります。車の運転は十分にご注意ください。