メイン画像

この土日、日本海側は雪や風が強まり、吹雪で見通しが悪くなる所もあるため、車の運転などに注意が必要です。一方、沖縄では局地的に雨雲や雷雲が発達するでしょう。関東など晴れる所でも、昼間も真冬らしい寒さですので、しっかり暖かくしてお過ごしください。

ポイント① 北陸から北の日本海側は 大雪や吹雪

画像A

この土日、天気や気温のポイントは3つあります。1つめは、北陸から北の日本海側では、大雪や吹雪に注意が必要ということです。
29日土曜は、北から強い寒気が流れ込むでしょう。北海道や東北北部の上空1500メートル付近では、「大雪の目安」となる、氷点下12℃以下の寒気に覆われる予想です。さらに、30日日曜にかけては、冬型の気圧配置が続きそうです。
そのため、北陸から北の日本海側では、30日日曜にかけて、雪雲がどんどん流れ込むでしょう。標高の高い所を中心に、積雪が更に増えますので、大雪による交通への影響が心配されます。雪崩や屋根から落ちる雪にも、注意が必要です。
また、寒気の影響で、関東北部や東海、近畿でも、標高の高い所を中心に、雪雲の流れ込むこともありそうです。
さらに、雪だけでなく、沿岸部を中心に、風も強まるでしょう。北海道や東北では、吹雪で見通しが悪くなるおそれがあります。車の運転は、いつも以上に慎重にしてください。
また、北陸では、29日土曜の午後は、大気の状態が不安定になるでしょう。局地的に雷雲が発達しますので、落雷や突風にもご注意ください。

ポイント② 沖縄は 局地的に雨雲や雷雲が発達

画像B

ポイントの2つめは、沖縄では、雨雲や雷雲が発達するおそれがあるということです。
29日土曜の朝には、沖縄の南に、前線が発生すると予想されています。この前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むため、沖縄付近では大気の状態が不安定になるでしょう。
沖縄は、土日とも雨で、先島諸島を中心に、局地的に雨雲や雷雲が発達しそうです。落雷や突風に注意するとともに、短い時間に強く降る雨によって大雨になる可能性もありますので、十分お気をつけください。

ポイント③ 晴れる所でも 真冬らしい寒さ

ポイントの3つめは、晴れる所でも、真冬らしい寒さということです。
北海道と東北の太平洋側、関東から九州は、土日とも、広い範囲で晴れるでしょう。ただ、日差しがあっても、空気は冷たいままとなりそうです。
予想最低気温・最高気温に注目すると、北海道では、30日日曜は、平年より大幅に低いでしょう。東北も、30日日曜にかけて、一段と寒くなりそうです。昼間も一番暖かい服装を、心がけてください。
関東から九州では、最低気温・最高気温とも、平年並みの所が多いでしょう。この時期は、平年ですと「年間で最も寒い頃」という所が多くなります。この土日は、真冬らしい寒さが続きますので、体を冷やして体調を崩さないよう、ご注意ください。