きょう29日(土)は、北海道と東北の日本海側では断続的に雪が降り、さらに積雪が増えるでしょう。ふぶく所もありそうです。一方、関東から九州の太平洋側は大体晴れるでしょう。最高気温は、全国的に、きのう28日(金)と同じか低くなりそうです。

日本海側は積雪増 ふぶく所も 太平洋側は次第に晴れる

きょう29日(土)は、日本付近は冬型の気圧配置が続く見込みです。北海道と東北の日本海側を中心に断続的に雪が降り、ふぶく所もありそうです。全国のアメダス地点でもっとも積雪が多い、青森県八甲田山系の酸ヶ湯では、午前6時には積雪が370センチを超えました。このあともさらに増えて、4メートルに迫るほどになりそうです。北海道と東北の日本海側だけでなく、太平洋側にも夜には雪雲が流れ込むでしょう。北陸も夕方から湿った雪や雨が降りそうです。近畿北部も雪や雨の降る所があるでしょう。山陰も雲が広がりそうです。
一方、関東から九州は太平洋側を中心に、次第に晴れるでしょう。雪や雨が降るのは、山沿いの一部になりそうです。
また、先島諸島の南の海上には前線が発生するため、沖縄は一日を通して雨が降るでしょう。次第に風が強まりそうです。短時間に降る強い雨にもご注意下さい。

最高気温 札幌は真冬日 関東は晴れても空気冷たい

きょう29日(土)は全国的にきのう28日(金)と同じくらいか低い所が多いでしょう。札幌はきのうより3℃低く、マイナス3℃と、真冬日になりそうです。東京都心もきのうより低く、10℃に届かない見込みです。晴れても空気が冷たいでしょう。高知や鹿児島などは、きのうより低くても15℃近くまで上がり、日差しのぬくもりを感じられそうです。那覇はきのうより4度も低くなり、8日ぶりに20℃に届かないでしょう。