台風1号は発達しながら北上し、「非常に強い」勢力に。次第に進路を東よりに変えるでしょう。小笠原諸島や伊豆諸島に影響を与える恐れがあります。本州付近にも雨雲の元となる熱帯由来の暖かく湿った空気を運び込む可能性があり、台風や前線の動向に注意を。

台風1号 非常に強い勢力に

画像A

9日(土)午前6時現在、台風1号はカロリン諸島を北北西へ進んでいます。
このあと発達しながらフィリピンの東を北西へ進み、暴風域を伴うでしょう。13日(水)には「非常に強い」勢力に発達し、次第に進路を東よりに変える予想です。
台風の勢力とは最大風速で決まり、「非常に強い」勢力とは強い方から2番目の強さです。

日本への影響は?

画像B

15日(金)以降の台風の進路予想は気象庁からまだ発表されていません。ただ、各国の気象機関の計算などでは、東よりに向きを変えて、小笠原諸島や伊豆諸島などに影響を与える恐れがあります。
上の図はスーパーコンピューターの計算の一つです。まだ台風の進路の予想に幅があるような状況ですが、来週後半以降、雨雲の元となる熱帯由来の暖かく湿った空気を運び込み、本州付近に延びる前線が活発化する可能性があります。
発達した雨雲が本州付近にもかかり、雨量が多くなる恐れがあります。今後の台風や前線の動向に注意が必要です。