メイン画像

日本付近を覆っている高気圧は東に離れ、あすは湿った空気や気圧の谷の影響を受けやすくなります。また、北海道は低気圧が通過するタイミングで、天気が崩れそうです。

東海や関東中心に天気崩れる

画像A

週明け月曜日のあす18日は、高気圧が東に離れ、日本付近は湿った空気や気圧の谷の影響を受けやすくなります。
特に、二つの高気圧の間となる東海や関東は雲に覆われ、午後は広い範囲で雨が降る見込みです。早い所では、東海は昼頃から、関東は夕方頃から雨雲が広がります。お帰りの時間は広く雨が降るため、お出かけの際には折り畳みの傘をお持ちになると良さそうです。

九州から近畿、北陸や東北は、午前中に晴れ間の出る所が多いですが、次第に雲が多くなる傾向です。近畿や東北南部では、局地的に雨雲が発生する予想のため、レーダーでこまめに雨雲を確認してみてください。

大阪や京都は汗ばむ陽気

暖かい空気が流れ込むほか、晴れる所では日差しも加わり、日中の気温はきょうよりも高くなる所が多い予想です。
全国的に平年を上回り、大阪や京都では夏日一歩手前の気温となりそうです。体が暑さにまだ慣れていないため、この季節でも熱中症にお気を付けください。
また、積雪の多い地域では、気温の上昇に伴う融雪や雪崩に注意が必要です。

北海道は低気圧が通過

画像C

あすは日本海で低気圧が発生し、夜にかけて北海道を通過する予想です。道内では大気の状態が不安定となるため、午後を中心に急な雨がありそうです。
また、夜になると内陸などで、雪のまじる所もある見込みです。車の運転などの際は、路面の状況にご注意ください。