きょう20日は、晴れる所が多いでしょう。ただ、関東や東海では雨や雷雨がある見込みです。20日は二十四節気のひとつ穀雨です。あす21日は九州から東北を中心に広く雨が降るでしょう。

20日の天気 晴れる所が多い 関東や東海では雨や雷雨

画像A

20日は、九州付近は東シナ海に中心を持つ高気圧に覆われるでしょう。本州付近は日本のはるか東に中心を持つ高気圧に覆われる見込みです。ただ、沖縄付近や関東付近には、湿った空気が流れ込むでしょう。

沖縄は雲が多く、雨が降る所がある見込みです。九州や中国地方、四国、近畿、北陸は大体晴れるでしょう。東海は日差しが届きますが、昼過ぎから夕方にかけて雨が降る所がある見込みです。雷が鳴り、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所もあるでしょう。関東は雲が広がり、雨が降る時間があるでしょう。雷を伴って、ザッと強く降ることもある見込みです。東北と北海道は日差しがたっぷり届くでしょう。北海道では、南西の風がやや強く吹く見込みです。

20日の最高気温

20日の最高気温は、沖縄は23℃くらいの見込みです。九州から東海は24℃前後でしょう。昼間は汗ばむくらいになりそうです。北陸は20℃くらいで、きのう(19日)より5℃くらい高くなる所が多いでしょう。日差しに温もりを感じられそうです。関東は16℃前後で、きのうより5℃くらい低くなる所が多い見込みです。昼間も空気がヒンヤリ感じられそうです。東北と北海道は17℃くらいの所が多いでしょう。
北陸から北海道を中心に、積雪の多い地域では、なだれにご注意ください。

20日は二十四節気の「穀雨(こくう)」 向こう1か月の降水量はどうなる?

画像C

20日は二十四節気のひとつ「穀雨(こくう)」です。春の最後の節気で、穀物に実りをもたらす雨が降る頃です。
3月30日から4月18日までの降水量の合計は、沖縄、九州から近畿、東北北部、北海道の道南、道東を中心に、平年より少ない所が多く、平年の20%以下の所もあります。
21日は、本州付近に南から湿った空気が流れ込み、九州から東北を中心に広く雨が降る見込みです。そのあとも、日本付近に前線が延びることが多く、広く雨が降ることがあるでしょう。向こう1か月の降水量は、九州から近畿、東海、関東甲信で平年並みか多い見込みです。