きょう18日も、広い範囲で日差しあり。ただ、西からゆっくり前線が延びてきます。あす以降、関東から西はスッキリしない天気が続きそうです。

彼岸の入り 広い範囲で柔らかな日差し

彼岸の入りのきょうも、お出かけ日和、洗濯日和。きのうにくらべると雲が多めですが、日差しはあります。南よりの風が吹いて、暖かくなります。最高気温は全国的にきのうより高くなるでしょう。北海道は5度〜8度くらい、東北は10度前後の所が多く、15度近くまで上がる所もありそうです。関東と北陸、東海は16度前後、近畿から九州は18度前後の所が多く、20度を超える所もあるでしょう。広い範囲で、4月並みのポカポカ陽気となりそうです。この暖かさで、桜の開花がさらに進むでしょう。
夜になると、西からジワリジワリと前線が延びてきます。九州と四国では、雨の降り出す所もありますので、お帰りが遅くなる方は、雨具を持っておくと安心です。あすは雨の範囲が広がります。

九州から関東 雨の日続く 真冬の寒さも

しばらく、前線が本州付近に停滞し、この前線上に低気圧が発生する見込みです。九州から東海、北陸、関東にかけて、あす月曜日は雨雲が次第に広がり、木曜日にかけて4日間も雨の日が続くでしょう。日差しは金曜日までお預けとなりそうです。
ということで、『きょう』のうちに、出来る限り洗濯や布団干しなど済ませてしまいましょう。衣替えを進めるのも良さそうです。
なお、この先一週間、気温は平年並みか高い日が多いですが、水曜日(春分の日)はグッと低くなって、真冬並みの寒さの所も多くなります。春物を本格的に準備しつつ、まだ冬の装いも少し残しておくと良さそうです。