きょう23日の花粉飛散量は、四国や東海、関東で「多い」。ゴールデンウィーク頃までは、ヒノキ花粉が飛びそう。

油断せずに対策を

きょう23日は、九州は次第に雨が降りだし、夜にかけて南部では雨脚が強まりそうです。北陸も昼頃まで雨の降る所があり、花粉の飛散量は抑えられそうです。中国地方や近畿、東北は「やや多い」予想で、こちらも対策が欠かせません。

四国と東海、関東は「多い」予想です。マスクや眼鏡などで、しっかり対策をしてください。東海や関東は昼頃まで日差しが届き、内陸部ほど気温が高くなるでしょう。部屋の換気をする際は、窓は全開にせずに、空気の流れを作ると良いです。

窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。

花粉シーズン まもなく終わり

画像B

スギ花粉飛散終了時期の見通しは、東京では4月末までの見込みです。ヒノキ花粉については、東京、大阪ともに5月の上旬、ゴールデンウィークあたりまでは断続的に飛散するでしょう。

辛い花粉シーズンも終わりが見てきました。あと2週間ほどですが、対策を続けてください。