この先も短い周期で天気変化。あす24日(日)は九州など、太平洋側で大雨のおそれ。ゴールデンウィークの前半は雨の日が多くなりそう。

前半:24日(日)〜30日(土)

画像A

来週にかけても、本州付近には前線が停滞して、たびたび低気圧が通過する予想です。短い周期で天気が変わるでしょう。

24日(日)は新たな低気圧が発生して、関東付近へと進む見込みです。太平洋側を中心に雨が降り、雨脚が強まるでしょう。特に九州南部や四国は、昼頃まで激しい雨の降る所があり、大雨による土砂災害や低い土地の浸水などに注意、警戒が必要です。

25日(月)は全国的に晴れて、気温がグンと上がるでしょう。最高気温が25℃以上の夏日になる所が多く、那覇は30℃の予想。こまめに水分補給をとるよう心がけましょう。

26日(火)と29日(金)昭和の日は低気圧や前線が通過して、広い範囲で雨が降りそうです。低気圧や前線周辺では雨の降り方が強まり、沿岸部を中心に風も強く吹くでしょう。また前線が通過した後はヒンヤリした空気が流れ込むため、気温差が大きくなりそうです。

後半:5月1日(日)〜6日(金)

画像B

ゴールデンウィークの期間も、2〜3日ごとに雨が降り、前半ほど雨の降る日が多くなりそうです。最低気温、最高気温ともに、平年並みか低い日が多いでしょう。

5月1日(日)と2日(月)は前線や湿った空気の影響で、断続的に雨が降りそうです。最高気温は20℃に届かない所が多く、日中も上着が必要でしょう。

3日(火)憲法記念日は天気が回復に向かいますが、5日(木)こどもの日は天気下り坂。6日(金)は関東や北陸まで雨の範囲が広がりそうです。

ゴールデンウィークの予想は、まだ幅があります。旅行や屋外のレジャーを計画されている方は、こまめに予報を確認しましょう。気温差が大きい時期ですので、服装指数を参考にして、重ね着などでうまく調節してください。