きょう23日(土)は、沖縄や九州付近に活発な雨雲がかかってきました。このあと、九州は広く雨で、局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。関東は夕方から、にわか雨の所がありそうです。

沖縄・九州周辺で雷雲が発達

画像A

きょう23日(土)は、九州の南に前線が延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込みます。この影響で、沖縄や九州付近で雨雲が発達、昼前から活発な雨雲がかかってきました。23日午前10時20分までの1時間雨量は、鹿児島県種子島や枕崎市、沖縄県石垣市川平で10ミリ以上、ザーザー降りとなっています。また、大気の状態が不安定で、所々で雷雲が発生しています。

※雷は、発達した雲の中で電荷分離が起こり、眩い光と大きな音を伴いながら放電する現象です。放電したときに発生する光が電光で、音が雷鳴です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電(落雷)といい、雲中などで発生する放電を雲放電といいます。

九州 あす24日にかけて激しい雨に注意

画像B

このあと、沖縄では昼過ぎまで局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。九州は、あす24日(日)にかけて、断続的に雨で、雷を伴い、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。落雷や突風にも注意が必要です。

関東 夕方からにわか雨に注意

画像C

関東は日も差しますが、油断禁物です。北日本を通過している前線のしっぽや湿った空気の影響で、夕方からにわか雨の所があるでしょう。東京都心の午後の降水確率は30%。野球でいえば、3割バッターの確率で雨となります。降る場所は狭く、降る時間も短いですが、午後のお出かけには折りたたみ傘があると安心です。