26日(火)〜27日(水)にかけて、低気圧が日本海で発達し、北陸地方でも荒れた天気となるでしょう。26日(火)は低気圧が日本海を発達しながら通過し、北陸地方は南よりの風が強まりそうです。また、26日(火)夜から27日(水)朝にかけて、寒冷前線が北陸地方を南下し、短時間の強い雨のおそれがあります。最新の天気予報を確認しつつ、対策は25日(月)までに行いましょう。

26日(火)は南寄りの強風に注意

画像A

26日(火)は、高気圧が東の海上へ遠ざかり、低気圧が発達しながら日本海や大陸を進むでしょう。北陸付近では東の海上の高気圧と西から進んでくる低気圧との間で気圧の傾きが大きくなり、南寄りの風が強まるでしょう。先月26日に発生した記録的な暴風と似た気圧配置となります。車を運転される方は、特に大きな河川の橋梁部では横転やハンドルを取られないよう、十分に注意して運転して下さい。また、先月26日の時は富山県小矢部市などで火災が発生しました。今回も、南寄りの風となってフェーン現象となるので、空気が乾燥する可能性があります。火の元に十分に注意して下さい。なお、日差しがあった場合は富山などで真夏日となる可能性もあります。熱中症にも注意して下さい。

画像B

26日(火)夜〜27日(水)は短時間の強い雨に注意

画像C

26日(火)夜〜27日(水)朝にかけて、寒冷前線が日本海から北陸地方を南下するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になります。寒冷前線通過時は局地的に雷を伴って、一時間に30ミリ前後の激しい雨の降る可能性があります。低地の浸水や河川や用水路の増水の可能性もあるため、十分に注意して下さい。なお、前線の通過のタイミングや一時間雨量の予想は変わる可能性もあるため、最新の情報に注意して下さい。

間もなく大雨の季節。対策は万全に

画像D

これから夏場にかけて、短時間の激しい雨や非常に激しい雨の降りやすい季節となります。ハザードマップを確認し、安全な避難場所や避難経路を複数想定しておきましょう。浸水や土砂災害の起きやすい場所を知ることで、安全な避難場所や避難経路を確保すると良さそうです。なお、ハザードマップは随時更新されますので、定期的に確認するようにしましょう。