26日から27日朝にかけて、広く雨や雷雨でしょう。九州から東海、北陸、東北の日本海側を中心に大雨の恐れがあります。風も強めに吹くでしょう。

あす26日 広く雨や雷雨 風も強まる 各地の雨の降り始めは?

画像A

26日は、前線を伴った低気圧が、日本海を東へ進むでしょう。前線や低気圧に向かって、雨雲のもとである暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。今回流れ込む暖かく湿った空気は、梅雨から夏の時期に大雨をもたらすくらいの水蒸気を含んだ空気です。九州から東海、北陸、東北の日本海側を中心に、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。

九州は、未明から広く雨が降るでしょう。雷が鳴り、非常に激しい雨が降ることもある見込みです。中国地方、四国も、朝の通勤の時間帯には、広く雨が降るでしょう。雷を伴って、激しい雨が降る所もある見込みです。近畿は、昼頃から雨が降り、雷雨になることもあるでしょう。南部では、局地的に激しい雨が降る見込みです。北陸も、昼頃から雨が降るでしょう。東海は、昼前から雨が降り、夕方以降は雷が鳴り、激しく降る所がある見込みです。関東甲信は、昼頃からあちらこちらで雨が降るでしょう。東北は、午前中は日の差す所が多いですが、夕方以降は広く雨が降るでしょう。日本海側では、雷を伴って激しい雨が降る所がある見込みです。北海道も、午前中は日の差す所が多いでしょう。夕方以降は広く雨が降る見込みです。
全国的に、南よりの風が強めに吹くでしょう。

あさって27日 朝にかけて広く雨や雷雨 東北や北海道では強風が続く

画像B

27日は、日本海の低気圧は、朝には日本の東に進む見込みです。この低気圧から延びる前線が、未明から朝にかけて本州を通過するでしょう。北海道の北を、別の低気圧が、発達しながら東進する見込みです。この低気圧から延びる前線が、朝に北海道付近を通過するでしょう。

朝にかけて広く雨が降る見込みです。前線が通過するタイミングで、雷が鳴り、雨脚が強まることがあるでしょう。

九州から東海、北陸、東北の日本海側を中心に、降り始めからの雨量が多くなり、大雨になる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要です。雷雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生することもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、直ちに建物の中など安全な場所に移動してください。

27日の日中は次第に晴れてくる見込みです。ただ、東北や北海道を中心に、西よりの風が強めに吹くでしょう。前線が通過した後、大陸から日本付近に薄い黄砂が飛来する可能性もあります。

28日にかけて、北海道の北を発達した低気圧が進むため、北海道では暴風が吹く恐れがあります。

予想される雨量 大雨への備えを

26日午後6時までに予想される24時間雨量は、多い所で、
九州北部地方180ミリ
九州南部150ミリ
四国地方、中国地方100ミリ
東海地方80ミリ
近畿地方70ミリ
です。

その後、27日午後6時までに予想される24時間雨量は、多い所で、
東海地方200〜300ミリ
九州南部、四国地方、近畿地方100〜200ミリ
北陸地方、東北地方100〜150ミリ
九州北部地方、中国地方50〜100ミリ
です。

平年の梅雨入りは、沖縄は5月10日ごろ、奄美は5月12日ごろ、九州南部は5月30日ごろです。今年は梅雨に先駆けて広く大雨の恐れがあります。家の周りの水はけをよくしておくなど、早めに大雨シーズンに備えておくとよいでしょう。