きょうの四国地方は穏やかに晴れていますが、あすは一転して荒れた天気となりそうです。その後も、短い周期で天気が変わりやすく、ゴールデンウィークも傘の出番が多くなるでしょう。

26日〜27日荒れた天気

画像A

きょうの四国地方は、高気圧に覆われておおむね晴れています。日中の気温は各地で平年を上回り、内陸部を中心に25度以上の夏日となっている所もあります。ただ、晴天は長く続かず、あすは荒れた天気となりそうです。

あす26日(火)は、日本海を進む前線を伴った低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込む見込です。太平洋側では朝から断続的に雨となり、雷を伴って激しく降る所がありそうです。瀬戸内側でも昼頃から雨が降ったりやんだりの天気となるでしょう。前線が通過するあす夜からあさって27日(水)朝にかけては全般に雨となり、瀬戸内側でも雷を伴い激しく降る所がありそうです。雨の降り方にご注意ください。また、あす午後は南寄りの風が強まり、海上では波が高くなりますので交通機関等にも注意が必要です。
瀬戸内側を中心に最高気温は平年を上回る見込みで、25度以上の夏日となる所が多く、高松では28度の予想となっています。湿度も高くなりますので、日差しがなくても油断せず、熱中症にならないよう体調管理に気をつけましょう。

なお、27日午後は天気は回復に向かいますが、黄砂の飛来する可能性があります。洗濯物への付着や呼吸器に疾患がある方などはご注意ください。

ゴールデンウィーク前半の天気 傘の出番多く、肌寒い日も

画像B

28日(木)は天気は回復して、晴れ間が戻るでしょう。ただ晴れ間は長く続かず、29日(金)昭和の日は、前線や低気圧の影響で雨が降りそうです。その後も短い周期で天気が変わり、30日(土)は晴れ間が出ますが、5月1日(日)は再び傘が必要となるでしょう。気温は、木曜日以降は平年並みか平年より低くなり、日中も20度に届かない日が多くなりそうです。

ゴールデンウィーク後半の天気と気温 5月5日(木)子供の日は広く雨に

画像C

ゴールデンウィーク後半も、前線や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。5日(木)頃は広く雨が降りそうです。また、気温も平年並みか平年より低い見込みです。ただ、この時季晴れるとぐっと気温が上がったり、雨が降ると一気に気温が下がることもあります。最新の情報をチェックして服装選びに気をつけましょう。