関東は、あす26日から27日にかけて雨や風が強まりそう。ゴールデンウィークは曇りや雨の日が多く、初日の29日も雨。前半ほど空気ヒンヤリ。

雨の日多い 寒暖差大きい

画像A

あす26日は西から雨の範囲が広がり、27日は前線を伴った低気圧が本州を通過する予想です。関東では、あす26日の昼頃から雨の降る所があり、夜は北部を中心に雨脚が強まるでしょう。27日の昼頃まで雨の降る所が多く、沿岸部ほど南よりの風が強く吹きそうです。あす26日はいったん暑さが収まりますが、27日は最高気温25℃以上の夏日になる所が多く、汗ばむくらいでしょう。

ただ、この雨で空気が入れ替わり、28日以降は一転してヒンヤリしそうです。29日・昭和の日と5月1日は、低気圧が関東の南岸を通過するため、本降りの雨になるでしょう。荒れた天気になるおそれもあります。最高気温は20℃に届かず、風が吹きつけて、いっそうヒンヤリと感じられるでしょう。上着と大きめのしっかりした傘が必要です。

南部ほど ぐずついた天気

画像B

ゴールデンウィーク後半にかけては、曇りや雨の日が多くなりそうです。3日・憲法記念日は晴れる所が多いものの、4日・みどりの日、5日・こどもの日は雲が多いでしょう。傘マークがない所でも雨の降る可能性があります。6日と7日は南部で雨。ゴールデンウィーク最終日の8日は南部も日差しが戻りそうです。

気温は、平年並みの日が多いでしょう。3日の日中は快適な陽気ですが、朝はグッと冷えて、内陸部では10℃を下回りそうです。6日は朝から気温が上がりませんが、次第に暖かい空気が流れ込むでしょう。7日と8日は最高気温が25℃以上の夏日になる所もあり、気温のアップダウンが体に堪えそうです。

ゴールデンウィーク中の天気は、終盤になるほど予報が変わる可能性があります。最新の予報を確認して、無理のない計画を立ててください。