九州北部や中国地方には発達した雨雲や雷雲がかかり、長崎県では非常に激しい雨の降った所もあります。このあとは強雨エリアが拡大し、太平洋側でも非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

九州北部で非常に激しい雨を観測

画像A

きょう26日、二つの前線を伴った低気圧が日本付近に近づいています。

午前10時半現在も九州北部や中国地方には発達した雨雲や雷雲がかかっています。長崎県対馬市鰐浦では1時間に54.0ミリ(4時6分まで)の非常に激しい雨が降り、4月の1位の値を更新しています。対馬市厳原は1時間に46.0ミリ(6時29分まで)、平戸市は38.0ミリ(9時25分まで)の激しい雨が降りました。

また、前線や低気圧に向かって湿った空気が流れ込み、四国や東海にも所々に雨雲がかかっています。

強雨エリア拡大へ

画像B

あす27日にかけて低気圧や前線が日本付近を通過するため、強雨エリアは拡大するでしょう。

きょう26日の午後は九州南部や四国、東海でも局地的に非常に激しい雨が降りそうです。近畿や北陸、東北も夜は発達した雨雲がかかり、激しい雨の降る所があるでしょう。あす27日の明け方にかけて雨脚が強まり、大雨となる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。

関東はきょう26日は所々で雨が降り、あす27日の朝は本降りの雨になるでしょう。北海道はあす27日から28日にかけて風が強まり、荒れた天気になりそうです。