あす27日朝にかけては、九州から東北で、局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、夜の就寝中に大雨となる所も。また、北海道では、あす27日夕方から暴風に警戒が必要です。

あす27日朝にかけて大雨警戒

画像A

あす27日にかけて、前線を伴った低気圧が、発達しながら日本海を東へ進む見込みです。
低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、九州から東北にかけて、大気の状態が非常に不安定な状況が続くでしょう。

九州から関東の所々で雨が強まっていて、熊本県八代市では、午後5時27分までの1時間に39.5ミリの激しい雨を観測しました。

また、今夜は局地的に、線状降水帯が発生する恐れがあります。場合によっては、猛烈な雨が降る恐れがあるため、十分な警戒が必要です。落雷や竜巻などの突風の恐れもあります。夜間も雨の降り方に注意して、できる限り安全な場所でお過ごしください。

※線状降水帯とは、次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出されるもので、線状に伸びる長さ50〜300km程度、幅20〜50km程度の強い降水をともなう雨域を線状降水帯といいます。毎年のように線状降水帯による顕著な大雨が発生し、数多くの甚大な災害が生じています。

近畿、東海や北陸も雨量増える 関東も横殴りの雨に

画像B

あす27日朝にかけては、近畿や東海、北陸、関東を中心に活発な雨雲がかかりやすくなり、雨量が増えるでしょう。局地的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる恐れがあります。1か所で集中的に大雨が降ると、土砂災害などの水害の恐れが高まりますので、注意が必要です。
沿岸部ほど風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。

東北は日本海側中心に雨が激しく降る所があり、太平洋側も所々で雨が強まりそうです。

予想降水量

あす27日18時までに予想される24時間雨量(多い所)
東海地方、近畿地方 200ミリ
九州南部 180ミリ
関東甲信地方、四国地方、九州北部地方 150ミリ
北陸地方 120ミリ
東北地方、中国地方 100ミリ

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、注意をしてください。

北海道はあす27日夕方から暴風に警戒

画像D

北海道では、あす27日から暴風に警戒してください。
特に、日本海側では、あす27日夕方からあさって28日にかけて、西よりの風が非常に強く吹きそうです。
日本海側だけでなく、その他の地域も風が強まりますので、十分な注意が必要です。

また、北海道の波は、あす27日からあさって28日にかけて、しけるでしょう。高波にも十分注意をしてください。