きょう27日(水)は、午前中は多くの所で雨。関東や東海は局地的に激しく降る。午後は晴れ間が広がるものの、北の地域ほど風が強い。特に北海道の沿岸部では風に向かって歩けないくらいに。

前線に伴う活発な雨雲 次第に南へ 北海道の北で低気圧が発達

画像A

きょう27日午前5時現在、前線の影響で広く雨。特に、北陸や東海周辺では所々で雨脚が強まっています。
日中は前線が次第に南下。この前線が近づく沖縄は天気が下り坂へ。九州から北海道にかけては晴れのエリアが広がってきます。
ただ、低気圧が発達しながら北海道の北を進むでしょう。

各地の天気

沖縄は、前線が近づくため大気の状態が不安定に。昼頃からは急に強まる雨や雷雨にお気を付けください。
九州から近畿にかけては、午前9時頃までは太平洋側ほど雨の所が多いでしょう。昼前には雨がやんできて、晴れる見込みです。
東海や北陸、関東甲信も朝のうちは雨。東海と関東では道路が川のようになるほど激しく降る所もあるでしょう。また、沿岸部を中心に風が強く、東京湾周辺をはじめ関東の沿岸部では傘が差せないくらいの所もありそうです。昼前にかけても雨の残る所がありますが、午後は次第に晴れ間が広がり、風も収まってきそうです。
東北と北海道も昼頃から次第に晴れそうです。ただ、風は午前よりも午後のほうが強まる傾向に。特に、夕方以降は、北海道の日本海側と太平洋側で最大風速18m/sと、風に向かって歩けないような状況になる所もあり、看板などが外れて飛ばされる危険性も。交通への影響にも注意が必要です。海上では暴風となり、次第にシケる見込みです。