28日、日本気象協会は「2022年桜開花予想(第10回)」を発表。ゴールデンウィーク中には、北海道で開花・満開ラッシュとなり、桜前線は、4月30日に留萌、5月5日には稚内に達する予想です。連休中は、北の大地で桜を満喫できますが、朝晩は冷えますので、夜桜見物は暖かい服装を心がけてください。

開花と満開の傾向

画像A

桜前線は北海道へ到達しました。21日に函館、22日に帯広、23日には札幌、25日には室蘭、26日には旭川、27日には網走で開花し、北海道に桜の季節がやって来ています。帯広の22日開花と、網走の27日開花は、統計史上最早となります。また、函館、帯広、札幌では25日にそろって満開となり、現在見ごろを迎えています。明日29日からゴールデンウィークとなりますが、期間前半の30日には留萌で開花する見込みです。後半になると、5日に稚内、6日には釧路で開花するでしょう。ゴールデンウィークが明けると、根室から開花の便りが届き、2022年の桜前線はゴールに到達する見込みです。

寒さの厳しい冬を経て始まった2022年の桜のシーズンは、記録的に早い開花となった昨年と比べると、九州から東北地方までは1週間以上開花が遅かった地点が多くありました。しかし、北海道では4月に入ってから気温が高い日が続き、特に21日(木)〜22日(金)は南高北低型の気圧配置となり、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、北海道でも帯広や網走で今年初の夏日を記録しました。そのため、開花のタイミングは昨年とほぼ変わらない、または2、3日早くなるところもありました。

言葉の説明

平年:1991〜2020年の平均値

かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い :平年よりも3日から6日早い
平年並 :平年との差が2日以内
遅い :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い