この先の東北地方は、天気は周期的に変わるでしょう。ゴールデンウィークで広く天気が崩れるのは、あす29日(金)と5月1日(日)となりそうです。特に、あす29日(金)の夜は、山沿いを中心に湿った雪の降る所があり、峠道では積雪のおそれがあります。また、30日(土)の朝は、強い霜のおりる所がある見込みです。雪による交通障害や路面の凍結、農作物の管理に十分注意してください。

あす29日(金)・夜「峠道で積雪のおそれ」 30日(土)・朝「強い霜のおそれ」

画像A

あす29日(金)は、低気圧が日本の南岸を東北東へ進む見込みです。東北地方は天気が下り坂で、午後は南部を中心に広く本降りの雨となるでしょう。夜は山沿いを中心に湿った雪の降る所があり、平地でも内陸部を中心に雪のまじる可能性があります。標高の高い峠道では積雪のおそれがあるため、峠越えを予定している方は、積雪による交通障害や路面の凍結に十分注意してください。

30日(土)は、高気圧におおわれて、穏やかに晴れるでしょう。春山シーズンで、登山や山菜取りを予定している方は、山岳遭難に注意が必要です。行き慣れた山でも油断は禁物。安全第一を心がけてください。
なお、朝は放射冷却現象が強まり、最低気温が氷点下の所がありそうです。強い霜による被害や凍害のおそれがあります。農作物の管理に十分お気を付けください。

5月1日(日)は、低気圧からのびる前線が本州付近を通過するでしょう。午後を中心に雨が降り、雨脚の強まる所がありそうです。局地的に雷を伴うおそれがあるため、屋外のレジャーなどは天気の急変に注意が必要です。

2日(月)は、朝まで雨の残る所があるものの、日中は各地で晴れ間が期待できそうです。紫外線が強まる時期ですので、お出かけの際はしっかりと対策をしてください。

3日憲法記念日〜4日みどりの日は、東北南部を中心に晴れますが、東北北部では雨の降る所があるでしょう。

5日こどもの日は、高気圧におおわれて、穏やかに晴れる見込みです。青空を気持ちよく泳ぐこいのぼりの姿が見られそうです。

気温は、3日憲法記念日にかけて、平年並みか平年より低いでしょう。特に雨が降る日は、体を冷やさないように注意してください。

ゴールデンウィーク明けは雨が降りやすい

画像B

6日(金)は、東北北部は晴れますが、東北南部は雲が広がりやすいでしょう。

7日(土)〜8日(日)は、低気圧や前線の動き次第では、雨マークのない所でも天気が崩れる可能性があります。

9日(月)〜11日(水)は、広い範囲で雨が降るでしょう。ただ、期間の後半となり、予報の信頼度は低くなります。最新の予報をこまめに確認してください。