あす29日は、九州南部や四国、紀伊半島など太平洋側の沿岸を中心に、局地的に「激しい」雨や「非常に激しい」雨が降るでしょう。遠出やレジャーの際は十分注意してください。鹿児島県ではあす午後6時までの24時間に、多い所で150ミリの雨が予想されています。

太平洋沿岸 「非常に激しい」雨も 土砂災害などに注意・警戒

画像A

日本の南には前線が停滞しています。あす(29日)は、低気圧が発生し、前線上を東へ進む予想です。天気は西から下り坂で、九州の早い所では今夜(28日)遅くから雨が降りだすでしょう。中国・四国もあす朝から雨で、近畿から関東、東北も昼ごろから次第に雨となりそうです。

前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となります。九州から関東の太平洋側の沿岸部、特に九州南部や、四国、紀伊半島、伊豆諸島などでは、局地的にカミナリを伴って、1時間に50ミリ以上の「非常に激しい」雨や、1時間に30ミリ以上の「激しい」雨が降るでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。落雷や突風にも注意してください。

また、低気圧が発達しながら進むため、低気圧の接近に伴って各地で風が強まり、特に関東や東北の沿岸では非常に強い風が吹くことがあるでしょう。また、九州から東北にかけての海上では、波が高くなる予想です。低気圧の進むスピードが速いため、短い時間の間に、風が強まったり、波が高くなったりします。最新の気象情報を確認し、レジャー中に事故に遭わないよう十分にお気をつけください。

さらに、遠出を計画されている方も多いかと思いますが、雨・風が強まって見通しが悪くなることもあります。車を運転される場合は、いつも以上に慎重な運転をお願いします。

鹿児島県 24時間で150ミリの雨の予想

画像B

あす(29日)に予想される1時間降水量は、多い所で、
鹿児島県(奄美地方除く)で、50ミリです。

また、あす(29日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、多い所で、
鹿児島県(奄美地方除く)で、150ミリとなっています。

ゴールデンウィーク前半 天気が変わりやすい

画像C

ゴールデンウィーク前半は、天気が周期的に変わり、晴れの天気は続かない予想です。
あす(29日)は、東北から九州にかけては広く雨ですが、北海道は晴れるでしょう。
あさって(30日)は、北海道から九州は晴れる見込みです。ただ、日曜日(5月1日)と月曜日(2日)は雨の降る所が多いでしょう。火曜日(3日)は天気が回復しそうです。
一方、沖縄は、土曜日以降、曇りや雨の日が続き、梅雨のような天気となるでしょう。