ゴールデンウィーク初日29日「昭和の日」は、西から天気下り坂。低気圧の動きが速く、午後は関東など東日本で急に雨や風が強まります。また、夜は関東北部の山沿いや東北は雪で、積もる所も。積雪や路面の凍結による交通障害に注意が必要です。

関東 午後は急に雨・風強まる

画像A

ゴールデンウィーク初日29日は、西から天気下り坂。本州南岸に停滞する前線上を低気圧が東へ進むためです。西日本は午前を中心に激しい雨や雷雨に注意。低気圧の動きが速いため、午後は西日本では次第に天気は回復しますが、関東など東日本は急に雨や風が強まり、沿岸部を中心に荒れた天気となるため注意が必要です。

雨や風のピークは、東海は昼過ぎ〜夕方。関東は夕方〜夜のはじめにかけてです。

【29日に予想される最大風速(最大瞬間風速)】
関東地方の海上 23メートル(35メートル)
伊豆諸島    23メートル(35メートル)
関東地方の陸上 18メートル(30メートル)

また、29日に予想される波の高さは、関東地方と伊豆諸島で5メートルの予想です。低気圧が予想より発達する場合は、暴風や警報級の高波となる可能性があるため注意・警戒して下さい。

29日夜 東北や関東北部 山沿い中心に雪

画像B

29日夜は、上空に寒気が入るため、東北や関東北部の山沿いを中心に湿った雪で、積もる所もありそうです。雪や雨は、あす30日の明け方には止みますが、東北では氷点下の冷え込みとなる所もありそうです。

すでに、冬用タイヤから夏用タイヤに変えた方も多いと思いますが、峠を越える車は、積雪や路面の凍結によるスリップ事故などに十分な注意が必要です。