今年のゴールデンウィーク、天気のポイントは「短い周期で変わること」です。強い雨が降ったり、晴れていても急に雨が降ったりする日もありますので、空模様の変化に、注意が必要です。そして気温のポイントは「全国的に平年より低い日が多いこと」です。お出かけ先の予想気温をチェックして、服装選びにも、お気をつけください。

4月30日 広く天気回復へ

2022年のゴールデンウィーク、初日の4月29日(金)昭和の日は、発達した雨雲が東へ進みましたが、この先の天気のポイントは「短い周期で変わること」です。

【4月30日(土)】
北海道は、大体晴れるでしょう。5月1日(日)以降、天気が変わりやすくなりますので、日差しを有効にお使いください。

東北や北陸、関東甲信は、未明まで雲が多く、所々で雨が降りそうです。標高の高い所では、雪やみぞれの降る可能性がありますので、峠を越える車は、路面の積雪や凍結などに注意が必要です。なお、仙台に「雪マーク」がついていますが、東北の平野部では、雪がまじったとしても、積もることはない見込みです。日中は、広く晴れて、お出かけや洗濯に良さそうです。

東海から九州も、日中は広い範囲で晴れるでしょう。ただ、東海では、夜は雨のぱらつく所がありそうです。

沖縄は、スッキリしない天気が続いて、昼前後は、にわか雨の所があるでしょう。傘マークがなくても、雨具をお持ちになると安心です。

5月1日〜2日 急な強い雨・天気の急変に注意

【1日(日)】
北海道は雲が増えて、午後は、雨やみぞれ、雪の降る所があるでしょう。

東北から近畿は、雨の範囲が広がりそうです。短い時間に、雨が強く降る可能性がありますので、雨の降り方に、注意が必要です。また、標高の高い所では、雨が雪に変わる可能性もあります。登山など計画している方は、予定の変更も視野に入れてください。

中国、四国や九州は、晴れ間も出ますが、雲が多く、四国では所々に雨雲がかかるでしょう。

沖縄は、雲に覆われ、雨が降りそうです。

【2日(月)】
北海道は曇りや雨で、標高の高い所では、みぞれや雪の降る所もあるでしょう。

東北から九州は晴れますが、関東を中心に、天気が変わりやすくなりそうです。晴れていても、午後は急に強い雨や雷雨となる可能性があります。お出かけや洗濯物の外干しは、空模様の変化に、お気をつけください。

沖縄は、曇りや雨でしょう。

3日〜4日 晴れる所が多いが 5日 広く傘の出番へ

【3日(火)憲法記念日〜4日(水)みどりの日】
北海道は天気が下り坂で、日本海側から雨の範囲が広がってくるでしょう。4日(水)みどりの日の午後は、雨雲が遠ざかる見込みです。

東北から九州は、広い範囲で晴天が続くでしょう。4日(水)みどりの日は、九州や四国など太平洋側から次第に雲が多くなりますが、今のところ、まだ雨雲に変わることはない見込みです。

沖縄は、ぐずついた天気でしょう。特に、4日(水)みどりの日は、傘が手放せなくなりそうです。平年ですと、沖縄の梅雨入りは5月10日ごろですが、今年のゴールデンウィークは、曇りや雨の日が多く、梅雨入りが早まる可能性があります。

【5日(木)こどもの日】
北海道と東北は、晴れるでしょう。関東から九州は雲に覆われ、西から雨が降り出しそうです。沖縄も、雨の降る時間がありますので、傘が必要です。

この予報は、4月29日午後の資料をもとに作成しています。雨の降るタイミングなどは、変わる可能性がありますので、最新の予報を確認してください。

服装選びの注意点

画像D

そして、気温のポイントは「全国的に平年より低い日が多いこと」です。

札幌では、最高気温は15℃くらいの日が多く、5月1日(日)と2日(月)は10℃を少し超えるくらいでしょう。北海道では、桜が見頃となっていますが、お花見の際などは、昼間も暖かくして、お過ごしください。

東北から九州は、3日(火)憲法記念日頃まで、最高気温が20℃に届かない所が多いでしょう。昼間のお出かけも、羽織る物が必要です。最低気温は10℃前後の日が多く、東京では4月30日(土)は9℃まで下がる予想です。朝晩はヒンヤリしますので、寒がりの方は、春のコートにストールをプラスするなど、体を冷やさないよう、お気をつけください。

沖縄も、来週前半にかけて、この時期にしては気温の低い日が多いでしょう。ただ、気温が低くても「湿度が高い」というのが特徴です。ムシムシする日が続きますので、風通しの良い服装を選ぶのが、おすすめです。