今夜(2日)からあす3日明け方、九州北部は天気の急な変化にご注意下さい。また、ゴールデンウィーク後半は、九州は晴れる日が多く、内陸部を中心に汗ばむ暑さになる見込みです。

2日 九州北部 今夜は不安定な天気

画像A

きょう2日、九州は高気圧に覆われて各地とも晴れて、日中はすがすがしい陽気になる見込みです。
ただ、今夜(2日)からあす3日明け方にかけて上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため、九州北部は大気の状態が不安定になり、天気が変わりやすくなります。急な雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうにご注意下さい。

ゴールデンウィーク後半は晴天多い

画像B

あす3日・憲法記念日、九州北部は明け方まで雲が多く一時雨や雷雨の所がありますが、朝から九州各地とも晴れるでしょう。
4日(水)・みどりの日から6日(金)にかけて、九州北部は五月晴れが続き、気温が上がります。内陸部を中心に、最高気温は25度を超えて汗ばむ暑さになる見込みです。
九州南部は4日(水)・みどりの日まで晴れますが、5日(木)・こどもの日から6日(金)は、九州の南の海上を前線を伴った低気圧が通過し、一時雨が降るでしょう。
7日(土)から8日(日)は、気圧の谷に通過で、九州は全般に雲が多くなり雨が降る可能性もあります。

ゴールデンウィーク後半は、前半に比べると気温が上がり夏日になる所があります。運動したり作業などする際は、こまめに水分補給をしたり定期的に休憩をとるようにしましょう。
また、車の中はさらに高温になりますので、移動などの際は熱中症の事故にもお気をつけ下さい。

強まる日差し 紫外線対策を

画像C

ゴールデンウィーク後半、九州は晴れる日が多くなります。
この時季には晴れるとすでに紫外線が強まっており、日差しの下では思わぬ日焼けをしてしまうことがあります。屋外では帽子や日傘、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をおこないましょう。

山は標高が高くなるほど、紫外線が強まります。標高1000メートル付近だと、地上に比べると約10%紫外線量が増えますので、普段以上にしっかりと紫外線対策をしてお出かけ下さい。