2日、関東地方は、北部を中心に雨雲が発生している所があります。南部も含めて、雨雲や雷雲が発生しやすいでしょう。晴れていても、空模様の変化にご注意ください。

関東 雨雲や雷雲が発生しやすい 空模様の変化に注意

画像A

2日、関東地方は、湿った空気が流れ込み、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいます。このため、大気の状態が不安定になっています。
日差しが届いている所が多いですが、北部を中心に雨雲が発生している所があります。雨雲は発達しやすく、雷が鳴ることもあるでしょう。南部も含めて、雨雲や雷雲が発生しやすい状況です。晴れていても、急に雨が降り、雷が鳴ることがあるでしょう。空模様の変化に注意が必要です。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

画像B

雷雲が近づいた場合、家の中にいても、身を守るためにやっていただきたいことが2つあります。

1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。雷が鳴っているかどうか、外の様子が気になるかもしれませんが、窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険ですので、絶対に近づかないでください。

2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、それを防ぐのは簡単です。コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。

雷の音が聞こえなくなっても、20分くらいは、むやみに外に出ないでください。

スマホなどで雨雲レーダーをチェックすることができます。参考になさってください。