2日、関東地方は大気の状態が不安定になっており、局地的に雨雲が発生しています。埼玉県付近では、雨雲は、雷雲まで発達している所があります。夜にかけて、晴れている地域でも天気の急変に注意が必要です。

関東 局地的に雨雲が発生 雷雲まで発達も

2日、関東地方には、湿った空気が流れ込み、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいます。このため、大気の状態が不安定になっており、雨雲が発生している所があります。特に埼玉県付近では、雨雲は雷雲まで発達している所もあります。

雷雲が近づいている時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた落雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

落雷と雲放電:雷は大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、放電する現象です。放電する際に発生する音が雷鳴で、光が電光です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電、いわゆる落雷といい、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。

関東 晴れている地域でも急な雨や雷雨に注意

関東は、夜にかけて、大気の状態が不安定でしょう。晴れている地域でも、雨雲や雷雲が発生することがあります。天気の急変にご注意ください。