ゴールデンウィーク前半は日中でもこの時期としては少しヒンヤリと感じられる所が多くなりましたが、きょう4日は一転して、25℃以上の夏日の地点が急増しました。ゴールデンウィーク後半は一日の寒暖差に注意が必要です。

4日は朝と日中との寒暖差が大

ゴールデンウィーク前半は、気温が一日を通して平年より低い所が多く、日中でも少し肌寒く感じられました。

きょう(4日)は、朝の気温は平年を下回った所が多くなりましたが、日中は九州から東北南部にかけて気温が上がり、25℃以上の夏日の地点数は6日ぶりに100地点を超えました。東京都心も一週間ぶりに夏日になりました。

きょうは朝と日中との気温差が大きく、兵庫県豊岡市は22℃くらい、福島市は20℃くらい、東京都心は14℃くらいとなりました。

ゴールデンウィーク後半も、一日の寒暖差に注意が必要です。

ゴールデンウィーク後半の天気

画像B

この先の気温を見ると、少なくとも6日(金)までは、日中は汗ばむくらいの所が多くなりそうです。一方で、朝晩は放射冷却の影響で、ヒンヤリしますので、服装選びにご注意ください。

その後は、天気によって日ごとに気温が変わりやすくなりますので、最新の予報をご確認ください。

あす5日こどもの日 おススメの服装

画像C

あす5日のおススメの服装は、気温が上がる日中は半袖にカーディガンなど薄手の羽織るもので調節するとよさそうです。紫外線が強くなりますので、気になる方は対策を万全にしてください。また、朝早くからお出かけや、帰りが遅くなる方は、薄手のジャケットを持ち歩くとよいでしょう。