きょう5日(こどもの日)は、北海道から九州にかけて青空が広がるでしょう。最高気温は25℃以上の夏日の所がさらに増え、30℃以上の真夏日が予想されている所もありそうです。沖縄は梅雨空で、梅雨入り早々、大雨となる所があるでしょう。

北海道〜九州広く晴れ 山沿いでは天気急変に注意

きょう5日(こどもの日)は、本州付近は高気圧に覆われるでしょう。北海道から九州にかけて、おおむね晴れる見込みです。各地で青空に泳ぐ鯉のぼりが見られるでしょう。

ただ、関東では大気の状態が不安定になり、山沿いを中心に午後は天気の急変が予想されます。局地的に急な強い雨や落雷、突風に注意が必要です。登山などにお出かけを予定されている方は、無理のない計画で、空模様の変化に十分ご注意ください。

九州南部は晴れ間もあるものの、雲が広がりやすく、夜は雨の降る所がありそうです。お帰りが遅くなる方は、念のため傘をお持ちください。

沖縄は梅雨空 奄美も梅雨入り?

一方で、きのう4日(みどりの日)に梅雨入りした沖縄付近には梅雨前線が停滞し、梅雨空が続くでしょう。夕方にかけて雨が降り、局地的に雷を伴って激しく降りそうです。梅雨入り早々、大雨となる所があるでしょう。あす6日にかけて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意や警戒をしてください。

また、昨年(2021年)は、沖縄と同じく5月5日頃に梅雨入りした奄美は、きょう5日の日中は雨が降り続くでしょう。沖縄に続いて、梅雨入りの発表があるかもしれません。

最高気温 30℃予想も 初夏の陽気に

きょう5日(こどもの日)は、二十四節気のひとつ「立夏」です。暦の上では夏に入ります。暦らしく、夏の暑さになる所が多いでしょう。

最高気温は、きのう4日(みどりの日)以上に気温が高く、東北から九州にかけて25℃以上の夏日の所がさらに多くなりそうです。福島や大分県日田市など、30℃以上の真夏日が予想されている所もあり、各地で6月から7月並みの暑さになるでしょう。きのう4日(みどりの日)以上に熱中症への注意が必要です。こまめな水分補給や適度な塩分補給を心掛けてお過ごしください。