ゴールデンウイークもあとわずかですが、連休明けは各地、前線の影響を受けやすくなるでしょう。沖縄は梅雨空が続き、奄美も梅雨入りが近づいています。九州〜関東も来週はすっきりせず、特に来週の中頃からは九州を中心に雨量がかなり増える恐れがあります。

前半:8日〜14日 GW明けは奄美が梅雨入りへ

今夜から連休最終日のあす8日の明け方にかけて、北日本を前線が通過する見込みです。北海道や東北、北陸では局地的にカミナリを伴った強い雨が降りそうです。関東〜九州ではあすは晴れる所が多いでしょう。

連休明けの9日〜11日頃は本州付近に前線が停滞しやすくなります。北海道や東北は概ね晴れますが、関東〜九州では太平洋側を中心に曇りや雨の日が多いでしょう。

奄美でもあすの夜以降は雨が降りやすく、GW明けのタイミングで梅雨入りする可能性があります。沖縄も梅雨空が続くでしょう。

12日〜14日は前線の活動が活発に

画像B

来週の12日〜14日頃は本州付近に停滞する前線に向かって、南から湿った空気が流れ込むため活動が活発になるでしょう。

西日本を中心に雨の量が多くなり、特に九州は同じような場所で立て続けに強い雨が降る可能性があります。中国、四国、紀伊半島なども南西に開けた斜面で雨量が増える見込みです。最新の予報をしっかりご確認するとともに、万が一に備えて大雨への対策を早めに確認しておきましょう。

東海や北陸から北海道にかけても来週の中頃からは、一時的に活発な雨雲がかかり、雨の強まる日がありそうです。

また、各地とも雨の割には気温が高く、特に関東〜九州、沖縄ではかなりムシムシしそうです。体調管理や食品の管理にもお気をつけください。

後半:15日〜20日 数日周期で天気が変化

画像C

15日以降は数日の周期で、低気圧や高気圧が入れ替わるので、天気の変化が目まぐるしくなりそうです。

15日は、低気圧や前線が離れるため、天気が回復傾向で、日中は晴れる所が多いでしょう。ただ、16日は次の低気圧の影響で、早くも天気は下り坂。17日にかけて雲の広がる所が多く、関東〜九州の太平洋側では雨の降る可能性もあります。

18日〜20日は、晴れる所が多いですが、九州や北海道は雨の降る日があるでしょう。

沖縄や奄美は15日頃に晴れ間が出るほかは、曇りや雨の梅雨らしい天気となりそうです。