メイン画像

GW明けの9日は、湿った空気の影響で九州〜関東で雨の降る所がある見込みです。特に関東は気温も下がり、冷たい雨となりそうです。

一見、高気圧圏内だが・・・

画像A

9日は、天気図を見ると本州付近は高気圧に覆われています。ただ、西・東日本は、日本の東の高気圧の流れにのって湿った空気が流れ込みやすく、九州から東海では午前を中心に、雲が広がりやすくなります。

九州や四国、紀伊半島や東海などの太平洋側の地域では昼頃にかけて、雨の降る所がありそうです。また、低気圧や前線に近い九州南部では、午後も雨が残りやすい見込みです。

一方で、九州北部から近畿、北陸は、昼頃から次第に晴れてくる予想で、午後は山陽などで過ごしやすくなりそうです。

なお、東北と北海道は広い範囲で晴れますが、西よりの風がやや強く吹きます。空気の乾燥が続くこともあり、火の取り扱いには十分な注意が必要です。

関東は冷たい雨

画像B

関東は湿った空気が流れ込むほか、性質の異なる北よりと南よりの風がぶつかり合って、雲ができやすくなります。すっきりしない天気で、早い所では午前中から雨が降り出し、夕方頃にかけて広い範囲で天気が崩れる見込みです。

朝のお出かけの際に雨が降っていなくても、折り畳みの傘をカバンに忍ばせておいた方が良さそうです。

また、日差しがほとんどないほか、北風にのって冷たい空気が流れ込んできます。気温は朝からあまり上がらず、日中も20℃に届かない所がほとんどの予想です。

冷たい雨で体感温度はさらに下がって、昼間でもかなりヒンヤリと感じられるかもしれません。雨具のほか、上着も準備しておいた方が良さそうです。