あす10日(火)以降は、梅雨前線の位置に注目。前線が本州付近に停滞する今週の後半は、九州から近畿の太平洋側を中心に大雨に警戒を。

前半:10日(火)〜16日(月)

画像A

あす10日(火)は、日本海側を中心に晴れる見込みです。日中は気温がグンと上がり、札幌の最高気温は24℃と夏日に迫るでしょう。関東の雨は未明までの所が多いですが、日中も空気はヒンヤリしたままです。一方、中国、四国や九州は、所々で雨が降るでしょう。朝は晴れていても、折りたたみの傘があると良さそうです。

11日(水)以降は、前線や湿った空気の影響で、雨の降る日が多いでしょう。本州付近には梅雨の頃のような暖かく湿った空気が流れ込むため、低気圧や前線周辺では雨雲が発達しやすくなります。

特に12日(木)〜14日(土)は、九州から近畿の太平洋側を中心に大雨になるおそれがあります。同じような所で雨が降り続く可能性がありますので、こまめに雨雲レーダーなどで、最新の情報を確認してください。また雨でも朝から気温が高く、ムシムシと感じられるでしょう。

後半:17日(火)〜22日(日)

画像B

梅雨入りしている沖縄は、曇りや雨の日が続きそうです。最高気温は26℃前後の日が多く、連日の夏日予想。蒸し暑くなるでしょう。

九州から東北は、晴れる日が多い見込みです。最低気温、最高気温ともに平年並みの日が多いですが、21日(土)頃は急に暑くなるでしょう。21日(土)の最高気温は、大阪や東京では28℃、仙台は26℃の予想。内陸部では30℃以上の真夏日になる所があり、熱中症対策が欠かせません。

北海道も晴れる日が続きますが、20日(金)と21日(土)は天気の急変にご注意ください。朝晩と日中との気温差が大きくなりますので、重ね着をするなど、服装で調節しましょう。