きょう10日(火)、日中は広い範囲で晴れる見込み。今週はくもりや雨の日が多いため、貴重な晴れ間になりそう。ただ、夜は九州や四国で雨の降る所があるため、帰宅時間が遅くなる方は雨具の用意を。肌寒さは解消し、北海道では夏日の所も。

日中は広く晴れるが、夜は九州や四国などで雨

画像A

きょう10日(火)は、日本付近は高気圧に覆われる見込みです。

北海道は日差しが降り注ぎ、夜にかけて晴れるでしょう。風も次第におさまる見込みです。

東北と北陸も晴れて、洗濯日和でしょう。日差しが強いため、お出かけの際は、帽子や日傘などで紫外線対策が必要です。

関東の雨は次第にやみ、日中は晴れ間が出る見込みです。ただ、昼前までキリのかかる所があるため、車の運転はご注意ください。

東海は雲が広がりやすいものの、昼前から晴れる所が多いでしょう。

近畿や中国地方、四国は、昼過ぎにかけて晴れる見込みです。夕方から曇り空に変わる所が多く、夜は近畿南部や四国の太平洋側の所々で雨が降るでしょう。

九州は、時々日が差す程度で雲が広がり、夜は雨の降る所が多いでしょう。帰宅時間が遅くなる方は、お出かけの際に雨具をお持ちください。

沖縄は午前中を中心に雨が降りますが、午後は晴れる時間がありそうです。

各地で肌寒さは和らぐ 北海道では夏日の所も

画像B

最高気温は、各地とも、きのう9日(月)より高く、肌寒さは解消する見込みです。
東京都心は23℃、名古屋は22℃、大阪と広島は25℃、福岡は24℃の予想で、この時期らしい気温の所が多いでしょう。

北海道では平年を大幅に上回り、初夏の陽気となる見込みです。札幌は25℃の予想で、暑くなりそうです。強い日差しを避けたり、こまめに水分をとったりして、熱中症にならないように、十分注意してください。