この先は曇りや雨の日が多く、まるで梅雨入りしたかのような天気になりそうです。特に12日〜14日頃は、前線の活動が活発になり、九州など西日本では大雨の所もありそう。今後の情報にご注意ください。

あす11日の天気

画像A

この先2週間は、全国的に曇りや雨の日が多いでしょう。西日本や東日本はまるで梅雨に入ったかのような天気になりそうです。特に13日頃は、前線が日本付近を通過し、南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みです。九州から東海を中心に雨の降り方が強まり、大雨となることがありそうです。

あす11日は、北海道は、高気圧に覆われて、広く晴れるでしょう。東北の日本海側も大体晴れそうです。一方、東北の太平洋側では東よりの風の影響を受けやすく、すっきりしない天気でしょう。関東も雲が多く、午後は雨の降る所がありそうです。北陸や東海は昼頃まで雨雲のかかる所があるでしょう。近畿から九州は午前中を中心に広く雨が降りそうです。

12日〜14日頃 大雨のおそれも

画像B

12日は次第に本州付近に前線が延びるでしょう。13日から14日は低気圧が日本海を北東に進み、前線が本州付近を通過する見込みです。九州から近畿は12日から13日にかけて、東海や関東、東北は13日から14日にかけて広く雨が降るでしょう。前線に向かって、暖かく湿った空気が流入し、前線の活動が活発になりそうです。九州から関東を中心に大雨や大荒れとなるおそれがありますので、今後の情報にご注意ください。

14日と15日は晴れ間の出る所もありますが、16日から17日頃には、前線が本州の南岸から沖縄・奄美付近に停滞するでしょう。関東や沖縄・奄美を中心に雨が降りそうです。

沖縄はこの先もしばらく梅雨空が続くでしょう。奄美もいよいよ梅雨入りし、すっきりしない日が続きそうです。

後半:18日(水)〜23日(月)

画像C

18日は北海道から九州まで大体晴れる見込みです。19日は雲が広がりやすいでしょう。20日と21日は本州付近は広く晴れますが、九州は雨が降りそうです。九州はその後も雨の降る日が続く見込みです。22日と23日は日本の南の海上に前線が延びて、本州付近でも雨が降りやすいでしょう。

沖縄では雨の日が多いものの、23日頃には梅雨の晴れ間も期待できそうです。